キャリア

人間関係に悩みたくなかったら工場に転職しよう!

更新日:

Sponsored Link

人間関係に疲れたのなら工場へ転職しよう

会社の人間関係が本当に面倒くさい。ぼくはプロブロガーやYouTuberになれるような才能もないし、なにか人間関係に惑わされない仕事ってないのかな?

そんなお悩みに答えていきます。

もしあなたが人間関係に悩みたくないのであれば、工場に転職するのがおすすめですよ。
 

 

工場に転職すると人間関係の悩みから解放される


工場の仕事につくと、今までの仕事とは比べ物にならないくらい人間関係の悩みから解放されます。

というのも、工場の仕事は基本的にライン作業であり、営業や事務職などのホワイトカラー職につきものの人とのコミュニケーションを必要としないからです。

あんちえいじゃー
あのおぞましい電話対応も無いしね!

目の前の作業を黙々淡々とこなす工場のライン作業は、人間関係に悩みがちなあなたにはピッタリの仕事だといえるでしょう。
 

 
工場の仕事というと、技術職のイメージがあり、手先が器用だったり、専門の勉強をしてきた人でないとできないのではとお考えの方もいらっしゃるかと思います。

もちろん高度で専門的な技術が必要な仕事もありますが、工場ワークスなどの求人サイトで募集している仕事は、基本的に誰でも応募可能なものになります。

なので、少しでも工場の仕事に興味のある方は安心して応募してみて下さい。

また、工場ワークスには、現場作業以外にも工場の事務職などの募集もあるので、落ち着いた環境で事務職に就きたい人もぜひともチェックしてみてください。

 

 

工場に転職するにあたって肝に銘じるべき点

工場に転職をする際に肝に命じるべき点
工場のライン作業では、営業や事務職のようなホワイトカラー職に比べるとコミュニケーション力が必要とされません。

そのため、職場での人間関係を構築するのが苦手な人には工場への転職はぜひともおすすめできるのですが、もちろんメリットばかりではありません。

ここでは、工場へ転職するにあたって肝に銘じるべき点を述べようと思います。

それは3つあります。
 

  1. 給料が完全に時給制
  2. 単純作業の繰り返しなので飽きる
  3. キャリアチェンジが難しい
 
1つずつみていきましょう。

給料が完全に時給制

まず1つ目が給料が完全に時給制だということです。

もちろん学生時代のバイトと比べると格段に時給はいいのですが、それでも工場の仕事は基本的に何時間働いたかで決まります。

もちろん、時給制が全て悪いわけではないのですが、営業職やクリエティブ職のような成果報酬型の仕事と比較すると、どうしても収入が頭打ちになってしまいます。

といっても、営業やクリエイティブ職で高収入を得られるのは本当に優秀なごく一部の方のみなので、普通の人にとってはそこまで気にすることのない点だといえるでしょう。

むしろ成果が出せないと労働単価が低くなりがちなホワイトカラー職に比べると、働いた分だけきちんと対価が貰える分だけましかもしれません。

単純作業の繰り返しなので飽きる

工場の仕事は基本的に同じ作業の繰り返しです。

単純作業を黙々とこなすことに抵抗のない人でも、毎日毎日同じ作業の繰り返しだとさすがに飽きがきてしまいます。

自動車部品の組み立てや溶接作業などは、危険が伴う仕事なので単純作業に飽きて油断してしまうと、大きな事故につながる危険もあります。

飽きて油断してしまわないためにも、どうすればより効率よく作業を終わらせられるかを常に考え続けることが重要になってきます。

キャリアチェンジが難しい

工場の仕事は、基本的に同じ作業の繰り返しです。

そのため、いざ転職をしようとした際に、他の仕事にキャリアチェンジするのが比較的難しいです。

例えば営業の仕事に就いていた場合は、どれだけノルマを達成しただとか、顧客目線に立って仕事をしてきたといった点がアピールポイントになりますし、他の職種へのジョブチェンジも比較的容易です。

経理として何年にも積み重ねてきた経験は、他の企業の財務・経理職にステップアップ転職の可能性を高めてくれます。

しかし、工場のライン作業は特に専門性がないため、他の仕事にキャリアチェンジをしようとしても、難しい場合が多いです。

あなたが20代~30代前半の若者ならば、それでも可能性は十分にありますが、35歳をすぎると同じ工場のライン作業以外の選択肢がほとんどなくなってしまいます。

35歳を超えてキャリアアップを図ろうとするのであれば、工場のライン作業の監督官を目指すか、もしくは近場のスナックに通いつめて、他の会社の役員と仲良くなって縁故入社を目指すのが現実的な方法になるでしょう。

というか、人間関係が苦手な人が、スナックで他の会社の役員と仲良くなるなんて現実的じゃないんじゃね?
てんぐくん

 

 

まとめ:とはいえ、人間関係のストレスがないのは大きなメリットなので工場への転職はおすすめです

ストレスがない工場の仕事は魅力がいっぱい
確かに今までホワイトカラー職に従事してきた人にとって、工場の仕事に転職することは覚悟がいりますし、それ相応のリスクもあります。

しかし、人間関係の煩わしさにストレスを感じ続けて精神を疲弊させる毎日から解放されることを考えれば、工場への転職はベストな選択といえます。

仕事はお金を稼ぐための手段として割り切って、生きがいは趣味や副業に求めれば、人間関係で疲弊していた頃に比べて人生トータルの満足度はかなり向上するでしょう。

ナンパに勤しむもよし。

週末にYouTuberとしてゲーム実況に勤しむもよしです。

人間関係の悩みから解放されるための手段として、工場勤務を選択してみてはいかがでしょうか?

 

 

-キャリア

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.