転職

スキル不足を理由に転職を迷っているあなたへ向けて。転職成功に必要なのはスキルじゃないよって話

更新日:

Sponsored Link
今の会社は心底嫌だけど、どうせ自分のスキルじゃ転職なんてできないから、しがみつくしかないのかな

そんなふうに、自身のスキル不足を理由に転職に一歩踏み出せずにいる人へ向けて。

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

今の職場を辞めたいが、今の自分のスキルではどこも取ってくれないと考えていて、転職活動に踏み出せないのは、とてももったいないです。

なぜなら転職をするのに最も大切なのは、スキルではなく仕事に対する姿勢ややる気、ポテンシャルだからです。

この記事では、転職をするにあたってスキル不足はそれほど深刻な問題ではないということを見ていきます。

転職するのにスキル不足は大した問題ではない

スキル不足は問題ではない
今よりも条件のいい会社に入社するのに、スキル不足であることはそれほど問題ではありません。

なぜなら必要なスキルは、やる気さえあれば後から付いてくるからです。

それよりも大切なのは、一貫性のある転職ストーリーと転職してやりたい明確な目標があるかどうかです。

もちろん、求人を出している企業が求めている実績があるに越したことはありませんが、スキルが不足しているからといって転職活動が不利になることは決してありません。

一番もったいないのは、「どうせ自分なんか大したスキルもないし、転職活動したってムダに決まっているよ」と自分の可能性に蓋をして、ズルズルと不満を抱きながら今の会社に残り続けることです。

なんとなく不満を抱きながら会社にい続けても、仕事で大きな成果を上げることはできませんし、それこそずっと転職市場で通用するスキルをみにつけることはできないでしょう。

そして、気がつけばもうどこの会社でも通用しない人材になってしまいますよ。

[char no=2 char="てんぐくん"]ブヒヒ~ン[/char]

特に自分のスキルが不足していると感じているのであれば、なおさら早目に転職活動を行うべきです。

なぜならやる気やポテンシャルを評価してもらえるのは、やはりより若い人材だからです。

面接官の立場で考えてみて下さい。

同じようなレベルのスキル・やる気・コミュニケーション力がある求職者が2人いたとします。

片方の年齢は20代なかば。もう一方が30代なかばの人材だったとしたら、どちらを採用したくなるでしょうか。

そう、なんだかんだいって、転職市場においてスキル不足を補ってくれる一番の要素は若さなのです。

なので、今の職場から抜け出したいと考えているのであれば、あなたの人生において一番若いときである「今」動かない手はないのです。

転職においてスキルよりも大切なもの

スキルよりも大切なもの
さきほども少しお話しましたが、スキルよりも転職において大切なのは2つあります。

それは

  1. 転職ストーリーに一貫性があるか
  2. 転職してやりたい明確な目標があるか

です。

転職ストーリーに一貫性があるか

まず大切なのは、あなたの転職ストーリーに誰が聞いても納得ができる一貫性があるかどうかです。

「どうして今の会社を辞めようと思ったのか」
「それは転職をしないと叶えられないのか」
「そしてなぜ我が社でそれが実現できると考えているのか」

といったことを、きちんと論理的に説明できれば、今あなたが持っているスキルなどさして問題ではありません。

あなたの転職活動はきっとうまくいくでしょう。

転職してやりたい明確な目標があるか

これはなぜその会社を志望したのか?といった点につながる大切なポイントです。

転職活動は精神的にも肉体的にもとても負担のかかる大変な活動です。

そこまでしてやりたいことはなんなのか?

そしてそのやりたいことは、応募先の企業で叶えることができるのか?

これはあなただけでなく、採用側の企業にとってもとても重要な問題です。

いくらスキルを十分持っている求職者が面接に来たとしても、その求職者が転職先でやりたいことが、自分たちの会社では提供できないのであれば、その求職者に内定を出すことはできません。

おそらくその求職者は、自分のやりたいことができないとわかると、せっかく入った会社を辞めて、また転職をしてしまう可能性があるからです。

逆に少しばかりスキルが不足していたとしても、求職者(あなた)が仕事を通じて叶えたい目標と自社の環境がマッチするのであれば、あなたの将来の活躍に期待して内定を出してくれる可能性は非常に高くなるでしょう。

転職活動を成功させたいのなら転職エージェントを使うのがおすすめ

転職エージェント
繰り返します。

転職活動で重要なのはスキルがあるかどうかよりも

  1. 転職ストーリーに一貫性があるか
  2. 転職してやりたい明確な目標があるか

です。

でも、自分1人で転職活動をすすめると、本当に上記のことがクリアできているかどうかをチェックするのが難しいです。

自分では筋が通っていると考えている転職ストーリーが、実は自分勝手で子供じみたものだったなんて話はよく聞くことです。

自分の欠点って案外自分じゃわからないものです。

友人・恋人・家族から指摘されてはじめて自分では普通だと思っていたことが実はよくないことだと気付いた、なんて経験は誰しもあると思います。

とはいえ転職活動なんて、会社の同僚や上司に相談するわけにはいかないし、友人や家族にもなかなか打ち明けづらいですよね。

そんなときに頼りになるのが転職エージェントです。

転職エージェントとは、転職支援のプロであるキャリアコーディネーターから様々なアドバイスや非公開求人を紹介してもらいながら転職活動をすすめることができるサービスです。

プロの客観的なアドバイスを貰いながら転職ストーリーを組み立てることができるので、本格的に転職活動をはじめようとするならぜひとも使うべきサービスです。

関連

中でもまず登録をすべき転職エージェントはリクルートエージェントです。

抱えている非公開求人の数、過去の転職成功実績数ともに圧倒的にNo.1であり、利用者の満足度も非常に高いサービスです。

第二新卒から幹部クラスの求人まで幅広く扱っているため、どの層の人にも強くおすすめできます。

口コミや特徴については下記の記事にまとめたので、こちらも合わせてご覧ください。

関連

>>登録完了までたった3分!リクルートエージェントへ今すぐ登録したい方はこちらから!!
※無料で利用できます。

その他過去にぼくが利用したことのあるおすすめ転職エージェントを知りたい方は下記の記事をご参照下さい。

関連

まとめ:スキル不足で転職に悩んでいる暇があるなら現状を変えるために行動しましょう

スキル不足に悩んでいる暇はありません
転職活動で大切なのはその転職に意味があるかどうかです。

あなたにとって、どうしても転職をしなければならない理由があるのであれば、スキル不足かどうかなんて関係ありません。

きちんと説得力をもった転職ストーリーが語れるのであれば、あなたを求めてくれる企業はきっとあるでしょう。

とはいえ、年齢を重ねるほど、どのようなスキルを持っているかが重視されるのも事実です。

もしあなたが今スキル不足を感じていて、なおかつ今の職場で必要なスキルが身につけられそうにないのであれば、早目に動くにこしたことはありません。

いい転職先が見つかることを祈っています!

-転職

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.