体験談 転職前に考えること

転職するなら絶対に在職中に次の仕事を決めたほうがいいよって話

更新日:

Sponsored Link
こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

転職をしようと考えている人がまず最初に悩むことは

「仕事をしながら転職活動をするか?それとも会社を辞めてから転職活動をするべきか?」

ということだと思います。

過去に4回の転職をしたぼくは、そのどちらも経験しました。

そんなぼくが自身の人生を実験台にして得た結論は、転職をするのであれば在職中に次の仕事を決めたほうがいいというものでした。

当たり前のことかもしれませんが、この結論に達するまでの軌跡にこそ意味があると思うので、ぼくがこの結論に至った経緯を記します。

転職活動は在職中に行うべき理由

転職活動

もしあなたがとんでもないブラック企業に勤めていて、今すぐ会社を辞めないと命が危ないのでなければ、転職活動は在職中におこなうべきです。

なぜなら仕事を辞めてから転職活動をおこなうと、様々なデメリットがあるからです。

とんでもないブラック企業に勤めていて、在職中の転職活動は無理ゲーという人は、こちらの記事をご参照下さい。

関連

離職後の転職活動は孤独感が半端なく精神的に追い詰められる

違和感

会社を辞めると、世間とのつながりが無くなってしまうのが社会人です。

これは社会人になったばかりのぼくにとって驚くべきことでした。普通の会社員が会社を辞めると、世間とのつながりが一切なくなってしまうのです。

テレビのニュースをみても、どこか別の世界の出来事のような感覚を覚えたのは、人生で初めての経験でした。

大学生のときでさえ、世間と自分とのつながりはそれとなく感じていたのに、一度会社員を辞めると世間と自分とを結んでいた糸がぷっつりと途切れてしまいます。

この孤独感は、離職前に次の働き先を決めなかった者にしかわからない、本当に恐ろしいものです。

会社から役割を与えられないことがこれほどまでに自分の存在意義を消失させるとは、退職をする前は夢にも思いませんでした。

在職中に転職活動をしないとお金がどんどん減って冷静な判断ができなくなる

お金がない!

在職中に転職活動を行えば、毎月お給料をもらいながら転職活動をすることができます。

しかし、一度離職してしまうと、当たり前ですがお給料はもらえなくなるので、日に日にお金が減っていきます。

これが本当に辛い。

仕事をしていなくても、食費や生活費はかかります。一人暮らしをしているのであれば、家賃も払わなければなりませんね。

また、在職中は意識していなかった住民税や社会保険料などの支払いも発生します。

あれだけ嫌で仕方なかったサラリーマンという立場ですが、実際に離職してみると自分がいかに会社に守ってもらっていたのかを実感するのがこれら税金の支払いをおこなうときです。

また、転職活動にもお金がかかります。

面接先の会社までの交通費や、スーツのクリーニング代、履歴書代や履歴書に貼り付ける写真代などは地味に生活を圧迫します。

お金が減っていくと、精神的に追い詰められていきます。

そして精神的に追い詰められた人は、正常な判断ができなくなってしまいます。

つまり、ブラック企業をブラック企業と見抜けなくなってしまうのです。

仕事を離れて数ヶ月。貯金が底をつきかけた状態でやっと内定を出してくれた企業。

そんな企業を、あなたは自分に希望の光をもたらしてくれた救世主と考えてしまうでしょう。

[char no=2 char="てんぐくん"]この企業のためなら、ぼくは命を投げ出せる。[/char]

そんなふうにぼくが入社を決意した会社は、パワハラやサービス残業が蔓延する超絶ブラック企業だったのです。

関連

何度でも繰り返しますが、離職して何ヶ月も仕事が決まらない状態が続くと、マジで正常な判断ができなくなります。

冷静に次の仕事先を選ぶためにも、転職活動は必ず在職中に決めるようにしましょう。

離職後の転職活動はダラダラしてしまいがち

次にぼくがびっくりしたのが、離職をしてから転職活動をしたからといって、応募先の企業研究をみっちりと行うことはできないという点です。

むしろ在職中のほうが時間を効率よく使おうという意識が働くためか、よっぽど応募先の企業のことを詳しく調べることができました。

離職をすると確かに使える時間は増えるのですが、その分ダラダラ過ごしてしまいがちですし、何より孤独感や不安感を紛らわせようと現実逃避(YouTubeや漫画、アニメ、酒)に時間を費やしてしまうようになります。

自由な時間が増えてしまうことは、必ずしも転職活動にプラスになるわけではないのです。

転職活動をするなら在職中にするのがおススメ

問題解決

以上の体験からぼくは、もし転職活動をするのであれば、絶対に在職中に次の仕事を決めるほうがいいという考えに至りました。

転職エージェントを使って賢く転職しよう

とはいえ、日々忙しくビジネスに打ち込んでいる皆様にとっては、なかなか仕事をしながら転職活動をするのは難しいと思います。

そんなあなたにおすすめなのが転職エージェントを使っての転職活動です。

転職エージェントとは

転職エージェント1

転職エージェントとは、優秀な人材を効率よくピンポイントで採用したいと考えている企業と、時間がなくてなかなか転職活動に集中できない求職者とをマッチングさせる会社のことです。

ハローワークや転職サイトと違い、転職エージェントの利用には事前にキャリアコーディネーターと面談をおこなう必要があるのですが、その分あなたの希望にマッチした求人を紹介してもらえる可能性が高まりますよ。

転職エージェントを利用すると様々なメリットがある

転職活動はやることがたくさんあります。

具体的には

  • 自分の希望に合う求人を探し
  • 応募書類を用意して応募して
  • 面接の日程を各企業の担当者と調整し
  • 面接に行く企業のことを調べ、質問を用意し
  • 内定をもらったら条件面の交渉をする

といった面倒な作業を行わなければなりません。

想像してみてください。

在職中のあなたが1人で転職活動をおこなおうとすると、仕事でクタクタに疲れたあと、家に帰って転職サイトをみなければなりません。

また、企業との面接日程の調整も自分1人でおこなわなければなりません。

スケジュール調整は仕事のアポイントだけで精一杯なのに、あなたはその中に業務と全く関係のない面接のスケジュールをねじ込まなければならなくなりました。

転職エージェントを使えば、転職活動におけるこのような面倒くさい作業にかかる負担を減らすことができます。

具体的には転職エージェントは

  • あなたの代わりにあなたの希望条件を満たす企業を探してくれて
  • あなたの代わりに企業と面接日程を調整してくれて
  • あなたの代わりに年収などの条件面の交渉をしてくれます。
関連

オススメはリクルートエージェント

そんな転職エージェントの中でぼくが一番オススメするのが「リクルートエージェント」です。

なぜならリクルートエージェントには、10万件を超える求人案件があるからです。そのうちの9割が非公開求人であり、通常の転職サイトやハローワークでは見つけることができません。

圧倒的な求人件数の中には、きっと今の職場より条件のいい仕事が眠っていることでしょう。

また就職活動でほぼすべての学生が利用したであろうリクナビを運営しているリクルートのサービスであるため、安心感があるのも見逃せませんね。

>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。

納得のいく転職活動をするためには在職中に次を決めましょう

もしあなたが今の職場に嫌気がさして転職をしようと考えているなら、なんとか時間を作って在職中に次の働き先を決めましょう。

無職の状態での転職活動はあなたが思っている以上に精神的な負荷が大きいです。

納得のいく転職活動を行うためにも転職エージェントを使って、仕事をしながら効率的に転職活動をすすめ、納得のいく転職先をみつけましょう。

また、在職中に転職活動をおこなえば、仮に納得の行く転職先が見つからなかったとしても現職にとどまり続けるという選択もできます。

余裕を持って納得の行く転職活動をおこないましょう!

>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。

-体験談, 転職前に考えること

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.