転職前に考えること

転職をしないという決断も全然あり!自分の決断に自信を持とう!!

更新日:

Sponsored Link

転職しないという決断

ずっと辞めたいと思っていた会社だけど、同期や先輩に説得されて結局残る道を選んでしまった。ああ、ぼくはなんて決断力のない人間なのだろう。ぼくの尊敬するTOPインフルエンサーにも呆れられちゃうんだろうな

なんて悩む必要はありませんよ!

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

一時期は今の会社に嫌気がさして、絶対に転職してやると考えていたけれど、周囲の意見を聞くうちに、まだ転職すべきときではないなと転職を諦めた経験は誰しもあると思います。

そんな自分のことを「結局周りの意見に流される、自分の考えのない駄目なやつ」なんて考えていませんか?

世の中では決断力と行動力がある人が成功するという風潮がありますが、「転職をしないと決断した」ということも立派な決断であり、誇るべきことなのです。

転職をしようか迷ったらやるべき3つのこと


もしあなたが今の会社を辞めたいと考えているのであれば、転職活動をする前に下記の3つのことをおこなって下さい。

  1. 何が不満で転職をしようとしているのかを明確にする
  2. 転職することのメリット・デメリットを洗い出す
  3. 信頼できる人に相談する

そして、上記3つのことをおこなって、やっぱり転職をしないと決めたのであればその決断は正しいので、自信を持って大丈夫です。

迷いを捨てて、今の仕事に全力を注ぎましょう。

何が不満で転職をしようとしているのかを明確にする

転職前にまずやるべきことは、何が不満で転職をしようと考えているのかを明確にすることです。

  • お給料が安いから?
  • 上司とウマが合わないから?
  • 仕事内容が自分のやりたいことと違うから?

そして、その不満は本当に今の仕事を辞めないと解消できないものかをじっくりと検討しましょう。

給料が安いことに不満を持っているのであれば、成果を出したり昇進することで給料をあげることはできないでしょうか?

上司とウマが合わなかったり、今の仕事内容が自分のやりたいことと違うのであれば、異動願いを出すことで解決できないでしょうか?

どうせ転職するだけの覚悟があるのであれば、まずは転職をしないで今の会社内で自分の不満が解消できないのか試してみましょう。

転職することのメリット・デメリットを洗い出す

次にやることは、転職することのメリット・デメリットを洗い出すことです。

当たり前ですが、転職をして環境を変えるということは、メリットばかりではありません。

もし転職したほうがメリットが大きいのであれば転職すべきですが、デメリットのほうが大きい場合には、本当に転職すべきかを再度考えるべきです。

例えば転職すると人間関係を1から作り直す必要があります。

転職経験者ならわかってもらえると思いますが、慣れない環境で一から人間関係を作り直すのはとても負担がかかる作業です。

企業規模が大きくなる場合は、全国転勤の可能性があるかもしれません。

見知らぬ土地に急な転勤を命じられても問題がないかどうかは、転職前にきちんと考えておくべきですね。

転職することで得られるメリットよりもデメリットのほうが大きいと感じるのであれば、今はまだ転職しないほうが賢明かもしれません。

信頼できる人に相談する

また、もし可能なのであれば、あなたのことをよく知る人物に転職を考えていることを相談しましょう。

できれば仕事ぶりを身近で見ている同期や先輩社員に相談できるといいですが、難しい場合は古くからの友人に相談してみましょう。

基本的にあなたのことをよく知る人から猛反対されるような転職は、しないほうが賢明です。

なぜならあなたにはまだ転職すべき実力が伴っておらず、今勢いで転職をしても失敗する可能性が非常に高いからです。

特に、あなたの仕事ぶりをよく知っている上司や先輩から反対された場合は、もう一度転職すべきかをじっくりと考え直しましょう。

大抵の場合、まだあなたには社会人として身につけるべきスキルが不足しているので、転職はいったん諦めて、まずは今の会社で実力を高めることを優先させるべきです。

逆に「お前の決めたことなら応援している」だとか「お前がいないととても困るから考え直してくれ」といわれた場合は、迷う必要はありません。

自分の決断に自信を持って転職活動をはじめましょう。

もちろん最終決定権はあなた自身にありますが、あなたのことをよく知っている人が真剣にしてくれる忠告は、耳を貸す価値があります。

本格的に転職活動をする前にできれば一度周囲の信頼できる人に相談してみることをおすすめしますよ。

転職エージェントへの相談はある程度転職の意思が固まってからにしよう

転職をしようかどうか迷っているなら、転職エージェントに相談すればいいのでは?と考える人もいらっしゃるかもしれません。

たしかに転職エージェントは転職支援のプロであり、あなたの市場価値を正確に見極めてくれるでしょう。

しかし、転職エージェントは求職者を転職させることで企業からマージンを得ることを生業としている人達です。

そのため、彼らのアドバイスは往々にして転職を促す方向に傾きがちです。

なので転職エージェントにアドバイスを貰うのは、ある程度転職する覚悟が決まってからにすべきなのです。

そのかわり、転職エージェントはおっくうな転職活動をグイグイすすめてくれるので、本気で転職をするのであれば非常に利用価値のあるサービスといえます。

転職エージェントを利用することのメリット・デメリットやおすすめの転職エージェントは下記の記事にまとめたのであわせてご覧ください。

関連

まとめ:転職をしないという決断にこそ意味がある

転職しないという決断に自信を持とう
世の中には、転職を考えたのであればさっさと転職すべきだと無責任にすすめてくる人がたくさんいます。

しかし、転職にはメリットばかりではなくデメリットも大きいことを忘れてはいけません。

たった2年3年では全く仕事の面白さや奥深さがわからないような業界も世の中にはたくさんあります。

本当に今転職すべきかどうか、じっくりと考えましょう。

そして、転職をしないという決断をしたのであれば、その決断に自信を持ちましょう。

自分の意志で積極的に「転職しない」と決断したのであれば、その決断は大きな意味を持つからです。

しっかりと目の前の仕事に向き合い、実力を高めましょう!

-転職前に考えること

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.