ワキガの悩み

【ワキガの悩み】白Tシャツに黄ばみをつけないための予防策と落とし方

更新日:

ワキガのワイ。白Tシャツの脇の下の黄ばみが恥ずかしくてしょうがない。どうすれば黄ばませないですむのかな?

こんにちは、重度のワキガ持ち・あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

第二次性徴期(精通)を迎えた頃からワキガに悩まされ続けております。

せっかくお気に入りの服を買ったのに、ワキガのせいで脇の下に黄ばみができるのが本当に憂うつでした。

あんちえいじゃー
あいつ、洗濯しても落ちないんだよな、、、

でも実は、少し手間をかければ衣服の脇の下部分についた黄ばみって取れるんですよね。

この記事では、ワキガ持ちの服の脇の下がなぜ黄ばむのか、その原因と一度黄ばんでしまった服の黄ばみの落とし方と、黄ばみをつけないための予防策をお伝えします。

結論をいうと、漂白剤と重曹を使うのです。

Sponsored Link

ワキガで服の脇の下部分が黄ばむ理由

まず、なぜワキガ持ちの人の服の脇の下部分は黄ばむのか、その原因をみていきます。

原因は大きくわけて2つあります。

  • アポクリン汗腺から分泌されるリポフスチン
  • 衣類に残った制汗剤やデオドラント商品の成分

それでは1つずつみていきましょう。

黄ばみの原因1.アポクリン汗腺から分泌されるリポフスチン

ワキガくんの衣類の脇の下が黄ばむ原因は、やはりアポクリン汗腺にあります。

このアポクリン汗腺から分泌される色素である「リポフスチン」がワキガくんの白Tシャツの脇の下部分を黄色く染める原因なのです。
 
また、それ以外にもアポクリン汗腺からはたんぱく質や脂質、糖質、鉄分、アンモニアなどが分泌されます。これはワキガ臭の原因でもあるのですが、黄ばみの原因でもあります。
 

あんちえいじゃー
アポクリン汗腺、恐るべしだよ。。。

黄ばみの原因2.衣類に残った制汗剤やデオドラント商品の成分

また、ワキガ持ちの人は、臭いケアのために制汗剤やデオドラント商品を普通の人より多く使用します。

この制汗剤やデオドラント商品に含まれている成分が衣類に残ったままだと、黄ばみの原因になります。

周囲の人のためと思っておこなった気遣いが、衣類の脇の下部分の黄ばみとして跳ね返ってくるなんて、世の中は本当に理不尽ですね。

黄ばんだ衣類の色をもとに戻す方法


黄ばんでしまったものは仕方ありません。

もしその服があなたのお気に入りの場合は、その黄ばみを落とす方法を考えましょう。

方法は3つあります。

  • 酸性漂白剤(液体タイプ)を使う
  • 酸性漂白剤(粉末タイプ)を使う
  • 酸性漂白剤(液体タイプ)と重曹を使う

です。

ちなみに酸性漂白剤には液体タイプと粉末タイプの2種類があります。

主な違いは下記の通り。

タイプ 液性 使える衣類
酸性漂白剤(液体) 酸性 水洗いできる衣類
酸性漂白剤(粉末) 弱アルカリ性 水洗いできる衣類(ウール、絹製の衣類、中性洗剤指定衣類は不可)

同じ酸性の漂白剤ですが、液性が異なっているため、粉末タイプの漂白剤には一部利用できないものがある点がポイントですね。

それでは1つずつ実践を交えてお伝えしましょう。

酸性漂白剤(液体タイプ)を使う

ワイドハイターEX
1番お手軽なのは、酸性漂白剤(液体タイプ)を使うことです。

漂白剤には黄ばみ、黒ずみの漂白作用のほか、消臭、抗菌作用があるため気になる臭いも一緒に除去してくれます。

普通の人の皮脂汚れ程度なら、これで十分漂白できるでしょうが、残念ながらぼくのTシャツの黄ばみは全然取れませんでした。

脇の下が黄ばんでいるシャツ

あんちえいじゃー
ワキガ持ちは本当に悩みがつきません、、、

酸性漂白剤(粉末タイプ)を使う

酸性漂白剤の粉末タイプ
次に有効な手段は、粉末タイプの酸性漂白剤を使うことです。

粉末タイプの漂白剤は、液体タイプのものよりも漂白効果が高いことで有名です。
 

 
なので、液体タイプの漂白剤で脇の下の黄色いシミが取れなかったワキガくんは、ぜひとも試してみましょう。

ただし、上記の表にも書いたように、ウール、絹製の衣類、中性洗剤指定衣類では使用できないので、その点は注意してください。

酸性漂白剤(液体タイプ)と重曹を使う

それでもTシャツの脇の下の黄ばみが取れなかった重度のワキガくん(ぼくのことだ)が次に試すべきは、酸性漂白剤(液体タイプ)と重曹の合わせ技です。

用意するもの

  • 酸性漂白剤(液体タイプ):15ml
  • 重曹:大さじ2杯
  • ぬるま湯(40度ていど):2l

やり方は簡単です。

まず、バケツや洗面器にお湯を張り、そこに漂白剤・重曹を加えて混ぜます。
 

注意ポイント

漂白剤は酸性のものを使いましょう。塩素系の漂白剤は強力ですが、色ものの衣類には使えませんし、繊維を傷めてしまう可能性があります。
 
そこに脇の下が黄ばんでしまった衣類を入れて、40分ほどつけ置きます。
 
2時間以上つけておくと衣類の繊維を傷めてしまう可能性があるので、つけっぱなしにしないよう注意しましょう。
 
重曹は入浴のさいに湯船に入れると、ワキガの臭い消しの効果もあるので、本当におすすめの商品ですよ。
 
 

Sponsored Link

ワキガによる黄ばみを予防する方法

黄ばみ予防策
せっかく脇の下の黄ばみが取れたのならば、もう二度とあの恥ずかしい黄ばみをつけたくはないですよね。
 
次に衣類の脇の下部分に黄ばみをつけないための予防策をみていきます。
 
方法は3つあります。
 

  • 脇汗パットを使う
  • ベビーパウダーを衣類の脇の下につける
  • 洗濯のさいに漂白剤も一緒に使う

 
1つずつみていきましょう。

脇汗パットを使う

ワキガくんの衣類の脇の下部分が黄ばむのは、アポクリン汗腺から出る汗が原因です。
 
ならばその汗が衣類につかなければ衣類は黄ばみません。
 

あんちえいじゃー
当然の帰結
 
そのためには、汗を別の物質に吸着させればいいのです。
 
つまり、脇汗パットの出番です。
 
 
注意点としては、直接脇の下に触れさせるのではなく、下着などを一枚かませてから使用することです。
 
あんちえいじゃー
直接脇の下にあてると、その刺激によってアポクリン汗腺が刺激されて臭いがきつくなるし、なにより違和感が半端ありません。
 

ベビーパウダーを衣類の脇の下につける

ここでまさかのベビーパウダーの登場です。
 

 
ベビーパウダーをつけることで、黄ばみの原因の1つである皮脂が衣類に付着するのを防ぐことができます。
 
ちょっと面倒だけど、お気に入りの白Tシャツに恥ずかしい黄ばみがつくことと天秤にかければ、どっちの選択肢を取るかは自ずと明らかになりますね。
 
あんちえいじゃー
まさに自明の理

洗濯のさいに漂白剤も一緒に使う

一度黄ばみが取れた衣類をこれ以上黄ばませないためには、やはり洗濯に気を配ることです。
 
といっても、簡単です。
 
要は、このブログで紹介した酸性漂白剤を洗濯のさいに洗剤と一緒に使えばいいだけです。
 
漂白剤は何度も使うことでその真価を発揮します。
 
一度黄ばみが落ちた衣類の脇の下を再度黄ばませたくなかったら、洗剤と一緒に漂白剤もぶち込みましょう。

まとめ:ワキガ持ちだからって、白Tシャツを諦めないでください

ワキガ持ちには、白Tシャツの脇の下部分の黄ばみは本当に悩ましい問題です。
 
でも、やっぱり普通の人と同じように白Tシャツでファッションを楽しみたいものです。
 
この記事がぼくと同じように白い衣類についた頑固な黄ばみに悩むワキガ同士のお役に立てれば幸いです。

ワキガの臭い消しにはクリームタイプの制汗剤がおすすめ

ワキガ持ちの人の最大の悩みはやはりそのつーんと鼻を突く臭いです。
 
ワキガ臭を抑えるためには、クリームタイプの制汗剤を塗布するのが1番効果的です。
 
それもドラッグストアに売っているような市販品ではなく、ネットで買えるワキガ持ち専用のデオドラント商品を使うのが吉です。
 
重度のワキガ持ちのぼくが実際に試してみたおすすめする商品を下記の記事にまとめました。
 
気になる方はぜひともご覧になってください。
 

-ワキガの悩み

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.