スポンサーリンク




ダイエットのために筋トレをしようと考えているんだけど、プロテインって飲んだほうがいいのかな?


この記事では、そんな疑問に答えていきます。


こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。


ダイエットをするには、食事制限と筋トレがとても効果的です。


効果的というか、この2つ以外に方法はありません。


そして、食事制限と筋トレの両方に関わってくるサプリメントが「プロテイン」です。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

でも、プロテインなんて筋トレガチ勢やスポーツに打ち込んでいる人がムキムキマッチョボディを作るために飲むものじゃないの?



と考えている方も多いと思いますが、そんなことはありません!


プロテインは筋トレガチ勢のみならず、ダイエットをして痩せたいと考えている方にとってもとても効果の大きなサプリメントなのです。


この記事では、なぜダイエットをする際にプロテインを飲んだほうがいいのかその理由と、プロテイン摂取時に気をつけるべき点を述べたいと思います。


あわせて読みたい

スポンサーリンク



ダイエットにも効果的!プロテインを飲むべき3つの理由

ダイエットにプロテイン
繰り返しになりますが、プロテインを飲むことは、ダイエットにとても大きな効果があります。


ダイエットをするのであれば、プロテインはぜひとも摂取するようにしましょう。


ダイエットになぜプロテインの摂取が効果的なのか?


その理由は大きく3つあります。


  • たんぱく質には食欲を抑える効果があるから
  • 筋トレの効果を高めることができるから
  • PFCバランスを調整できるから


1つずつみていきましょう。

たんぱく質には食欲を抑える効果があるから

まず1つ目の効果がこれです。


たんぱく質には、食欲を抑える効果があるため、プロテインを摂取するとあまりたくさん食べなくてもよくなります。


これは実際に食事前にプロテインを飲んでみればわかるのですが、満腹感が得られ、確かに食事の量が減りました。


食事制限がダイエットの肝です。


プロテインを摂取することは、ダイエットのための食事制限にもつながるので、ぜひとも積極的に摂取しましょう。

筋トレの効果を高めることができるから

プロテインとは、タンパク質のことです。


そのため、筋トレをしたあとにプロテインを摂取することは、筋トレの効果を高めるために有効です。


なぜなら筋トレによって引きちぎれた筋繊維を再びつなぎ合わせるのに必要な栄養素がたんぱく質だからです。


そして、引きちぎれた筋繊維は、より強固な筋繊維として再構築されます(超回復)


筋トレによって筋肉量を増やすと、基礎代謝が上がり、体つきも引き締まってかっこよくなります。


その筋トレの効果を一層高めるために、プロテインは欠かせないサプリメントなのです。


ぜひとも積極的に摂取しましょう。

PFCバランスを調整できるから

また、プロテインを摂取すると、PFCバランスを整えることができます。


PFCとはそれぞれ


  • P:Protein(たんぱく質)
  • F:Fat(脂質)
  • C:Carbon(炭水化物)


の頭文字です。


これら3つの栄養素を3大栄養素といいます。


PFCバランスとは、これら3大栄養素の摂取比率を表す言葉です。


ダイエットやウェイトアップなど、そのときの目的に沿って、それぞれの栄養素の摂取量をコントロールすることがとても重要なのです。


3つの栄養素の中で、特に意識しないと摂取できないのがたんぱく質です。


脂質や炭水化物は、逆に意識しないと減らせません。


そこでプロテインを摂取することで、PFCバランスをコントロールするのです。


不足しがちなたんぱく質の摂取量をプロテインで補い、取りすぎる可能性が高い脂質や炭水化物を食事から意識的に減らせば、ダイエットに理想のPFCバランスを保つことができるでしょう。


ちなみにダイエット中の1日のたんぱく質の摂取量目安は体重の1.5~2倍程度です。

ダイエット目的でプロテインを摂取する際に気をつけるべき点

プロテイン摂取の際に気をつけるべき点
次に、ダイエット目的でプロテインを摂取する際に気をつけるべき点を見ていきましょう。


気をつけるべき点は3つあります。


  • 一度にたくさん摂取しない
  • 飲むタイミングを考える
  • 1日の摂取上限量をオーバーしない


1つずつみていきましょう。

一度にたくさん摂取しない

たんぱく質は一度にそれほど多く吸収できません。


例えば1日の目標摂取量が120gの場合、朝に一気に90g摂取したとしても、90gすべてが体に吸収できるわけではありません。


1回の食事での摂取目安はおよそ20gといわれていますが、それだと120gを取るのに6回もたんぱく質を摂取しなければなりません。


学生やフリーランスならともかく、会社勤めのサラリーマンにとって、日に何度もプロテインを間食するのは、あまり現実的ではありませんね。


そのため、普通の日は朝、昼、夜+寝る前の4回でバランスよく摂取するのが現実的でしょう。


朝ごはんの代わりにプロテインを1杯、夕飯時と寝る前にそれぞれ1杯ずつ飲めばそれだけで60gのたんぱく質が摂取できます。


あとの60gは食事から摂取すれば問題ないですね。


筋トレ日は、さらにプラスで筋トレ後にプロテインを摂取すれば完璧です。

飲むタイミングを考える

もうすでに答えを出してしまいましたが、プロテインを摂取するタイミングは重要です。


まとめると、プロテイン摂取のタイミングとしてベストなのは


  • 筋トレ直後
  • 朝起きたタイミング
  • 寝る前


です。


また、メリットの項目でも書いたようにプロテインには食欲を抑える効果もあるので、ついついたくさん食べてしまいがちな夕食のタイミングでも1杯飲んでおくのがいいでしょう。


あんちえいじゃーあんちえいじゃー

食べ過ぎ防止!

1日の摂取上限量をオーバーしない

これはたんぱく質に限ったことではないのですが、3大栄養素の過剰摂取は控えましょう。


脂質や炭水化物と同様に、たんぱく質も過剰に摂取すると最終的には脂肪として体に蓄えられます。


また、たんぱく質を分解する過程で発生したアンモニアを無害な尿素に変換・排出する際に腎臓や肝臓が働きます。


たんぱく質をたくさん取りすぎるとそれだけ多くのアンモニアを処理しなければならないので、腎臓や肝臓の負担が増えてしまいます。


体脂肪の蓄積を防ぎ、内臓への余分な負担をかけないために、たんぱく質は適切な量を摂取するように心がけましょう。


てんぐくんてんぐくん

何ごとも適量が大事ってことだね!

まとめ:ダイエットにも効果的なプロテインを意識的に摂取して引き締まった体を手に入れましょう

ダイエットでスリムボディを手に入れよう
ダイエットを成功に導く構成要素は2つあります。


それは「食事制限」と「筋トレ」です。


そのどちらにも関わってくるのがプロテイン。


筋トレを頑張ってムキムキになりたい人だけでなく、ダイエットで痩せたいと考えている人もぜひとも積極的に摂取すべきサプリメントです。


最近のプロテインは味もおいしくて飲みやすいので、ぜひとも普段の食生活に組み込んでみてください。


プロテインを飲んで、一緒に理想の体を目指しましょう!


筋トレの効果をさらに高めるためにサプリメントを摂取しよう

筋トレの効果をさらに高めるためには、サプリメントの摂取は必須です。


特に最近注目を浴びているのが、HMBサプリメントです。


HMBとは、必須アミノ酸であるBCAAを構成するロイシンから生成される物質です。


HMBは筋肉を強くするのに必要なエネルギー源であり、脂肪をエネルギーにかえる手助けをする効果もあります。


そんなHMBを効率的に摂取するには


バルクアップHMBプロがおすすめです。


プロテインと一緒に摂取することで、より早く筋トレの効果を実感できるようになりますよ。


引き締まった体を手に入れて、自信を持って人生を楽しみましょう!