転職活動の進め方

在職中に転職活動を成功させるには、面接日程の調整が肝心だ

更新日:

Sponsored Link
「とりあえず3年」の3年が過ぎたあなたは、そろそろ転職をして、ステップアップしたいと考え始めているのではないでしょうか。

とくに、受験勉強を頑張っていい大学に入った、優秀で努力家のあなたにとって、今の会社はイマイチ実力を発揮できない会社なのだと思います。

正直言って就職活動に失敗したあなたを尻目に、同門の連中は就職活動もバッチリ成功。誰もが羨む大企業に就職しました。

お給料も自分と比べると格段にいいと聞きます。

悔しい。

見返したい。

自分だってあいつらと同じステージに立てるはずなんだ!

その向上心やよし!です。

その野望を叶えるためにも、転職の時期が来たのでしょう。

そして、聡明なあなたのことです。

転職をするのであれば在職中に次の就職先を決めるほうが賢い選択だということにももちろん気付いているでしょう。

しかし、在職中に次の仕事を決めることの難しさもまた、同時に理解していると思います。

とくに企業との面接日程の調整は、働きながら転職活動を成功させるためには、とても大きなハードルとなります。

今回は転職活動をするにあたって最初の、かつ最大のハードルとなる企業との面接日程を、うまく調整したいとお考えの転職初心者の方に向けた記事になります。

働きながら企業の担当者と面接日程を調整するのは至難の業だ

いきなり心を折るようなことをお伝えするのは大変心苦しいのですが、働きながら自分ひとりで転職活動をすすめるのは至難の業です。

普段の仕事に加え、履歴書や職務経歴書を仕上げ、応募する企業を見つけ(ブラック企業じゃないかどうかも見極めなければならない)、応募しなければなりません。

逆説的ではありますが、転職サイト経由で応募した企業に面接へ呼んでもらえるかどうかは、応募してみないとわかりません。

つまり、求職者は少しでもいいなと思った企業には、すべて応募するのがセオリーになります。

もしあなたがまだ転職回数が0回ないし1回で、年齢が20代であるならば、よほど変な企業で変な仕事をしていない限り、ほぼすべての書類選考を通過するでしょう(もちろん分不相応な一流企業からは門前払いにされるでしょうが)。

その結果、多くの企業と面接日程の調整をしなければならなくなります。

1社2社ならともかく、在職中に5社以上の会社との面接スケジュールを調整するのは、正直しんどいどころかほぼ不可能です。

ぼくは離職した状態でこの状況を体験したことがあるのですが、それでも5社以上の会社との面接スケジュールを決めるのは至難の業でした。

[char no=1 char="あんちえいじゃー"]いくらあなたが優秀だと言っても、人間1人あたりがこなせる業務量には限界があるよってことなんだよね[/char]

在職中に無理なく次の就職先を決めるためにはどうすればいいのか?

というわけで、在職中に自分1人の力で次の職場を決めるのは、いくらあなたが優秀なビジネスパーソンだとしてもかなり難易度が高いです。

[char no=2 char="てんぐくん"]じゃあ、結局は在職中に転職を成功させれるなんて無理なのかな?[/char]

なんて諦めないでください!

実はある方法を使えば、在職中でも賢く効率よく転職活動をすすめることができるのです!

その方法とは、転職エージェントを利用することです。

在職中に次の仕事を決めるなら、転職エージェントを使おう!

もしあなたが在職中に次の転職先を決めたいのであれば、ぜひとも転職エージェントを使って転職活動をすすめましょう。

転職エージェントとは?

転職エージェント1

転職エージェントとは、こんな人に来てほしいな、という人材をピンポイントで探している企業と、もっと自分の力を発揮できる有名企業を探している求職者とをマッチングさせる株式会社のことです。

そのビジネスモデルについて知りたい方は、下記の記事をご覧じてください。

なぜ転職エージェントを使うといいのか?

それではなぜ、転職エージェントを利用すると在職中でも無理なく次の仕事を決められるのでしょうか?

理由はいくつかありますが、最も大きいのは、転職活動で必要となる様々な事務業務を求職者であるあなたの代わりに行ってくれるからです。

特に企業との面接日程のやり取りを代行してもらえるのは、本当に助けとなるでしょう。

自分ひとりで転職活動をする場合には、あなた自身が各企業の採用担当者と個別に面接日程を調整しなければなりません。

もしあなたが5社から面接に呼ばれているとしたら、5社の担当者とやり取りをする必要があります。

これが本当に大変で、もし連絡をし忘れたりしたら、その企業の担当者に「こいつは転職する気がないんだな」と判断されてしまいます。

ぼくも何社も連絡をし忘れて、悲しい思いをしました。

自分の人生を変えたい!とかナマイキなことを言っていたくせに、そんな凡ミスでせっかくのチャンスを逃すなんて、愚か者以外の何者でもありませんね。

[char no=1 char="あんちえいじゃー"]しゅん、、、[/char] [char no=2 char="てんぐくん"]お?落ち込んだふりをすれば慰めてもらえるとでも思ったのか?あ・ま・え・る・な!!![/char]

そんな凡ミスでせっかくのチャンスを逃さないためにも、ぜひとも転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すれば、あなたがやり取りをするのは担当エージェントただ1人です。

しかもエージェントは、企業の担当者ではないので、少しくらいわがままをいったり、失礼な態度をとっても問題はありません。

そのことで企業の採用担当者の覚えが悪くなることがない、というのはいくぶん安心できますね。

[char no=3 char="通りすがりのJK"]だからといって、あまりにも失礼な態度をとったり、非常識な対応をしたらだめですよ![/char]

このように、転職エージェントを利用すれば、企業との面接スケジュール調整の負担がぐっと減って、無理なく転職活動をすすめることができます。

【↓↓↓転職成功実績No.1!土曜面談も受け付けているリクルートエージェントはこちら】

おすすめの転職エージェントは、リクルートエージェント

日本には本当に多くの転職エージェントが存在します。

なぜこれほどまでに多くの転職エージェントが存在するのかというと、そのビジネスモデルが単純で、初期投資がほとんど必要ないからです。

大手転職エージェントで辣腕を振るっていた猛者たちが、自分とパイプの太い企業を元いた会社から奪い、そのまま独立するというパターンが非常に多い業界なのです。

ゆえに大小様々な転職エージェントが乱立しており、はじめて転職をする方は、どれを利用すればいいのか迷ってしまうのが現状です。

しかし、こういうときこそ基本に帰るのが大切です。

この場合の基本とは、独立者たちの元いた組織。つまり、大手転職エージェントに登録することです。

中でもリクルートエージェントは、日本を代表する人材紹介会社であるリクルートグループがその運営母体です。

つまり、知名度・組織規模・実績のすべてがトップクラスといっていい転職エージェントなのです。

【↓↓↓転職成功実績No.1!土曜面談も受け付けているリクルートエージェントはこちら】

なので、転職を考えているすべての人たちにとって、まずは登録すべき転職エージェントがリクルートエージェントなのです。

その圧倒的なメリットとちょっとしたデメリットについては、下記の記事にまとめたのでぜひともご覧じてください。

転職エージェントを賢く利用すれば、企業との面接日程調整は全然怖くない

せっかく転職をして、今よりもっと輝かしい人生を手に入れたいと考えている若者が、面接日調整がうまくできない、などというくだらない理由で転職活動に一歩踏み出せないでいるのは、非常にもったいないことです。

スケジュール調整が苦手だけど、圧倒的な成果を残し、豊かで面白おかしい人生を送っている人は世の中にたくさんいます。

なので、面接日程の調整などといった面倒で生産性のないことは転職エージェントにおまかせして、あなたは自分が本当に手に入れたい人生を実現できる企業を探しだすことと、その企業から内定をもらうための面接対策をすることに全力をつくしましょう。

転職エージェントを利用して、輝かしい未来を手に入れるのだ!

>>たった3分!リクルートエージェントへの登録はこちらから!!
※無料で利用できます。

-転職活動の進め方

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.