料理男子

【便利グッズ】一人暮らしの自炊におすすめ!siroca 「おりょうりケトル ちょいなべ」レビュー

投稿日:

一人暮らしの自炊に役立つ便利グッズ。その名はsiroca おりょうりケトル ちょいなべ!

  • 自炊をして少しでも食費を減らしたい
  • 野菜を食べて栄養バランス整えたい
  • 脂質の摂取量を減らして、ダイエットしたい
  • 温かい食事が取りたい

そんなふうにお悩みの戦友ともに向けて。

こんにちは、あんちえいじゃー(@abcwriter1150)です。

一人暮らしだとどうしても自炊っておっくうでできないですよね?

でも、毎日コンビニ弁当やスーパーの脂っこい惣菜ばかりだとお金がかかりますし、何より健康面が心配です。

あんちえいじゃー
なんとか手軽に自炊できる方法ってないかな?

そんな一人暮らしの方にぴったりの商品をみつけました!

その名はsiroca おりょうりケトル ちょいなべです。

この記事では、siroca おりょうりケトル ちょいなべのおすすめポイントについて述べていこうと思います。

結論を述べると、siroca おりょうりケトル ちょいなべは本当に買ってよかったです。

Sponsored Link

【便利グッズ】おりょうりケトル ちょいなべのデメリット

実際におりょうりケトル ちょいなべを使ってみたところ、下記の点がデメリットだなと感じました。

  • お湯が沸騰するのに時間がかかる
  • アラート音の音量がでかい

早速1つずつみていきましょう。

お湯が沸騰するのに時間がかかる

おりょうりケトル ちょいなべは、調理用の電気ケトルです。

もちろんお湯を沸かすといった従来の電気ケトルと同じ使い方もできるのですが、単にお湯を沸かすだけなら他社の電気ケトルのほうが効率がいいと感じました。

うちにはすでに何年も使っているティファールの電気ケトルがあるのですが、その電気ケトルとどちらがお湯を沸かすのに時間がかかるかを比較してみました。

両者ともに1リットルのお湯を沸かすのにかかった時間は下記の通りです。



メーカー 沸騰時間(1リットル)
ティファール 電気ケトル 4分50秒
siroca おりょうりケトル ちょいなべ 6分30秒

このように、単純にお湯を沸かすだけなら通常の電気ケトルに軍配が上がります。

しかし、その差は1リットルのお湯を沸騰させるのに2分弱です。

一人暮らしの人にとって、1回で1リットルものお湯を沸かすこと自体あまりないですし、お湯を沸かしつつ何か作業をしていれば(例えばTwitterでインフルエンサーに野次を飛ばすなど)、そこまで気になる時間差でもないでしょう。

実際ぼくはコーヒーを淹れる際にsiroca おりょうりケトル ちょいなべでお湯を沸かしていますが、そこまでお湯が沸くのに時間がかかるとは感じていません。

アラート音の音量がでかい

ちょいなべはアラーム音がうるさい

写真の通り、おりょうりケトル ちょいなべでは設定した温度になると、ランプが緑色に点灯します。

ちなみに沸かしているときは下記のように赤色に点灯します。

ちょいなべはお湯を沸かしているときは赤くランプが点灯する

設定温度に到達すると、アラーム音がなるのですが、このアラーム音がちょっとうるさいです。

具体的にはスマホの目覚ましアラームやキッチンタイマーくらいの大きな音が出ます。

ぼくは電気ケトルをセットしたあと、ぼーっとしていたら、その音の大きさにびっくりすることが何度もありました。

とはいえ、慣れてしまえばそこまでびっくりすることはなくなりますよ。

一人暮らしの自炊におすすめ!siroca おりょうりケトル ちょいなべのメリット

電気ケトル ちょいなべのメリット

上記のような欠点はあるものの、siroca おりょうりケトル ちょいなべは一人暮らしの人ならば絶対に買うべき商品です。

なぜならデメリットを遥かに上回るメリットがあるからです。

ぼくがsiroca おりょうりケトル ちょいなべを実際に使ってみて感じたメリットは下記の通りです。

  • 野菜をたくさん食べるようになった
  • 食費が減った
  • 温かい料理が食べられるようになった
  • 黄金だしがカンタに取れるようになった

早速1つずつみていきましょう。

野菜をたくさん食べるようになった

siroca おりょうりケトル ちょいなべを使うようになってから、今までよりも野菜をたくさん食べるようになりました。

なぜならスーパーなどで売っている野菜炒め用のパックを買って、それをお肉や魚と一緒におりょうりケトル ちょいなべに入れて煮込めば、たっぷり野菜入りお鍋が完成するからです。

あんちえいじゃー
しかも煮込み料理だから、炒めたり焼いたりするより全然ヘルシーだしね!

食費が減った

おりょうりケトル ちょいなべを使うようになってから、明らかに食費が減りました。

その理由は2つあります。

それは

1.買った食材をケトルに打ち込んで煮込むだけなので、食材を無駄なく使えるようになった
2.乾麺や冷凍うどん・そばを以前より簡単に調理できるようになった

からです。

とにかく買った食材をほぼ無駄なく使えるというのと、以前は煮込むのが面倒で敬遠していた乾麺や冷凍麺が簡単に調理できるようになったのはぼくの食生活を激変させました。

乾麺や冷凍麺は賞味期限も長いので、使いきれずに捨ててしまう心配もありませんし、本当にsiroca おりょうりケトル ちょいなべ様様ですよ。

温かい料理が食べられるようになった

モツ鍋を作ってみた
おりょうりケトル ちょいなべを日常的に使うようになってから、毎日できたての温かい料理を食べるようになりました。

今までスーパーの惣菜やコンビニ弁当を電子レンジでチンして食べていたのですが、やはりどこか味気なさを感じていました。

それが今ではほぼ毎日、できたての温かい料理を食べています。

黄金だしがカンタに取れるようになった

美しい黄金だし

昆布だしとかつおだしを合わせることで生まれる黄金だし。

この黄金だしをガスコンロを使って取ろうとすると、とにかく手間がかかります。

とくに昆布だしを出すのが大変です。

なぜなら水に30分以上昆布をつけ置きしたあとお湯を沸かし、沸騰直前で昆布を取り出さなければならないからです。

あんちえいじゃー
とにかく火の番をしていなければならないから、よっぽど暇なときでないと黄金だしってとれないんだよね

でも、おりょうりケトル ちょいなべならそんな面倒くさい黄金だしも簡単に取ることができます。

なぜなら、お湯の温度を微調整できるからです。

ちょいなべは温度の微調整ができる

写真のように、おりょうりケトル ちょいなべは40、60、80度で水の温度を保つことができます。

そして昆布だしを出すのに最適な温度は約60度

昆布を水につけて30分たったら、ケトルのメモリを60度に設定すれば、特に温度に気をつけなくても美味しい昆布だしを取ることができます。

昆布からだしが取れたら、昆布を取り出して一度お湯を沸騰させてからかつお節を入れて2分ほど放置すれば、美味しい黄金だしの完成です。

あんちえいじゃー
下の写真は黄金だしから作ったモツ鍋だけど、びっくりするくらい美味しくできたよ!

モツ鍋を作ってみた

プリプリのモツ

Sponsored Link

まとめ:おりょうりケトル ちょいなべは一人暮らしの自炊に役立つ便利グッズ

siroca おりょうりケトル ちょいなべのレビューをみてきました。

はっきりいって一人暮らしで普段あまり料理をしない人にとって、これほどおすすめできる便利グッズはありません。

この便利さをぜひとも体感してください!

-料理男子

Copyright© モテナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.